今更ながら「ノーサイド・ゲーム」のドラマを観て。(原作 池井戸潤)

まったり(すぐる)

今更ながら「ノーサイド・ゲーム」を観ました。

ずっと、観ようと思っていたドラマがあって
それが今回ブログに書く

ノーサイド・ゲーム

なんですけど、
昨年行われたラグビーワールドカップと
同時期に放送されていたんですよね。

みなさん、ご存じかとは思いますが
この「ノーサイド・ゲーム」は
ラグビーが題材のお話で

社会人リーグで弱小の「アストロズ」というチームを
大泉洋さんが演じる君島隼人ゼネラルマネージャーが

そのリーグ内で優勝に導くまでのストーリーと
アストロズを運営するトキワ自動車内での
権力争いみたいのを描いた

池井戸潤さんが得意とする
逆転サヨナラ満塁ホームランみたいな

感動あり涙ありの
熱い話に仕上がっておりました。

内容は是非、ご自身でご覧になって
頂ければと思います。

※ここであんまり書いちゃうとネタバレになってしまうので。

池井戸潤さんの作品は結構見てしまいます。

池井戸潤さん原作のドラマって
結構観ちゃうんですよね。

「下町ロケット」も観ましたし
「陸王」も観ました。

この2つに関しては
原作の本も読みました。

ただ、半沢直樹は観てないんですよね。
自分でもよく分からないんですが
なんでか観ないんですよね。

「陸王」は自分自身が陸上部だったということもあって
やっぱりすごく興味があったので観ました。

ノーサイド・ゲーム」もそうですけど
スポーツ系の話で
男の熱さみたいな話が好きなのかも知れません。

池井戸潤さんの作品に今後も目が話せません。

ラグビーワールドカップは観たのか?

昨年行われた肝心の
ラグビーワールドカップ2019」
テレビで観ていたのかというと

一回も観なかったんですよね。

日本中が盛り上がっている中
ラグビーワールドカップを観ることなく
日々を過ごしていたんです。

調べるとラグビーワールドカップ
2019年の9月20日~11月2日に行われていたのですが

この期間、家を引っ越しとか色々忙しく
めちゃくちゃ落ち着かなかったんです。

ドタバタの中、引っ越しをしたので
テレビはあってもアンテナが繋がってなかったり
インターネットすら契約してなかったので

あらゆる情報が
携帯電話一つだけだったんですよね。

※初めてパケットを追加購入しました。。

しかも、みなさんも記憶に新しい
台風19号
2019年10月12日にやってきて
何にも揃っていない家の中で

ビビりながら生活してたんです。

家が多摩川の近くなので
氾濫したら間違いなく家が飲み込まれちゃうんですよね。

なので引っ越してそうそう
落ち着かない日々が続き
ラグビーワールドカップは心のゆとりをもって
観ることが叶わなかったのです。

本当にその時期は精神的にあまり余裕がなかったですね。
実際、眠れなかったです。

まとめ ~コロナとの戦いにノーサイド・ゲームはない。

ノーサイド・ゲームを観て
ラグビーの面白さを知りました。

今だったら間違いなく
ラグビーワールドカップを観ていたと思います。

ただ、このコロナが昨年流行っていたら
ラグビーワールドカップはなかったんだろうし、

今年は東京オリンピックが延期になり、
人間は自然の脅威には勝てないんだなと
つくづく思います。

これからの季節、
今年もまた台風がやってくると思います。

しかも、このコロナの状況も続きます。

最悪な状況を考えれば
それに加えて
もし、関東大震災なんかがきたら

私たちは対応できるのでしょうか?
それこそパニックになるのではないでしょうか?

今でも国が対応できていない状況なのに
最悪の事態を想定したときに
なんらかの対応策は考えられているのでしょうか?

ノーサイド・ゲームのように
勝ち負けを超えて

「人間」と「コロナや自然の脅威」が共に
その戦いを称え合うことはできないのですから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました